SNSで注目されまくり!『リリスク』のPVが新感覚ですごい!!


最近twitterなどで『リリスク』が話題に!

リリカルスクール(通称:リリスク)は、ayakaさん、minanさん、himeさん、yumiさん、meiさん、amiさんの6人からなるアイドルユニット。

美大生を中心としたアイドルプロデュースプロジェクトから生まれたグループで、当時株式会社TENGA(意外にも!)が協賛企業だったため「tengal6」として結成しました。その後2012年にレコードレーベルに籍をおいた際、現在のグループ名「lyrical school」に改名しました。

ヒップホップアイドルとして他のアイドルグループとは違う切り口でファンを魅了しているリリスク。

楽曲はかわいらしいアイドルソングではなくかっこいいヒップホップです!かわいい容姿から想像もつかないようなアイドルラップでファンを魅了します

2014年にはROCK IN JAPAN FESTIVALやSUMMER SONICといった大型フェスへの出演、2015年には初の全国ツアーを開催するなど、ヒップホップアイドルユニットとしてその知名度を確固たるものとした。

はじまりが美大生を中心としたプロジェクトだったこともあり、結成当初からCDジャケットやグッズのセンスがいいのも、リリスクブランドの魅力の一つ。定番グッズの「IDOL RAP」Tシャツは、どれもデザインがかっこいい。

そんな『リリスク』がついにメジャーデビュー!PVがすごすぎるらしい…!

今年に入り、キングレコードに移籍し、満を持してのメジャーデビューを迎えた。

ヒップホップアイドルユニット・lyrical school(リリカルスクール)のメジャーデビュー曲「RUN and RUN」のMVが、Vimeoで公開された。

4月27日(水)にリリースするメジャーデビューシングル「RUN and RUN」のMVは、スマートフォンでの鑑賞を想定した縦型のMVとなっているのが特徴。

「RUN and RUN」は、5月28日の東京・シネマート新宿を皮切りに各地の劇場で順次公開される、lyrical schoolの初主演映画「リリカルスクールの未知との遭遇」の主題歌。前作「ワンダーグラウンド」に続いてSUIがトラックメイキングを担当している。

前代未聞の縦型MVに、Twitterでは「RUN and RUN」がトレンド入りするほどの話題を集めている。

映像もすべてスマートフォンで撮影したものとなっており、iPhoneの待ち受け画面から始まり、さまざまなアプリケーションの画面を活用した斬新な演出が光る。

カメラ機能やFaceTime、Twitterなどさまざまなスマホ用アプリを使い、曲と連動してリリックやメンバーの映像が画面に現れる。まるで自分のスマートフォンがジャックされ勝手に操作されているような感覚になる、驚きのMVに仕上がっている。

内容が心地よい上に、歌詞とラップに連動して画面の切り替わる疾走感・没入感が凄い。

リリスクちゃんの「RUN and RUN」MV最高すぎるいつか縦型のMV作りたいな〜って思ってたんだけど、もうこれ超えられるMVなんてだれも作れないでしょ!ってぐらいびっくりしちゃう誰もやったことのない楽しいことってあとどれくらい残っているんだろうか

昨日RTしたリリスクの「RUN and RUN」のMV、さらに評判が広がっているな。「低予算をアイデアとセンスでカバー」って良く言うけど、こういうのはなかったね。コロンブスの卵なんだろうけど。
https://t.co/o0sUypLaLW
#リリスク #RUNandRUN

最初パソコン画面で見てしまってもったいないことした…iPhone画面で最初見たかった… https://t.co/4GvTqaZCmz

リリスクさんのMV。アイデアも凄いし作りこみも素晴らしいんだけど演者によってはあざとさも感じてしまったかもしれません。私の場合。なのでこのアイデアをリリスクさんのMVでトライしたスタッフが偉大だし中和したリリスクさんも偉大。だと思います。

彼女たちが初主演を務める映画「リリカルスクールの未知との遭遇」が完成し、2月28日の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」にてワールドプレミア上映されることも決定。

映画「リリカルスクールの未知との遭遇」には彼女たちのほか、スチャダラパーのANI、TOKYO No.1 SOUL SETのBIKKE、ZEN-LA-ROCK、FDFANTA汁CHILLSTASKI、ダンサーの100TARAW、お笑い芸人のバッファロー吾郎Aらも出演。

さらに…ライブも続々と!

演技経験があるami(24)は「久しぶりに演技をしてみて、楽しいなって思いました。この作品でアクションに初めて挑戦しまして、劇中でボコボコにされるシーンがあるのですが、そこがどうなっているか楽しみ」。



Comments are closed