【漫画】HUNTER×HUNTERが1年8ヶ月と1週間ぶりに掲載

【漫画】HUNTER×HUNTERが1年8ヶ月と1週間ぶりに掲載

【漫画】HUNTER×HUNTERが1年8ヶ月と1週間ぶりに掲載

f42633f24281d05e9305b5390320453456891bd01422439897

1: 2016/04/18(月) 01:19:10.23

HUNTER×HUNTER:1年8カ月ぶり連載再開 次号も掲載予定

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で約1年8カ月にわたり休載となっていた冨樫義博さんの人気マンガ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」が、18日発売の同誌20号で連載を再開した。25日発売の次号(21・22合併号)告知ページにも、目玉作品の一つとしてイラスト付きで掲載される。

連載再開の第350話「王子」の扉絵は、主要キャラクターのクラピカが表紙を飾り、「禁忌(タブー)に挑む暗黒大陸」「連載再開センターカラー」の文字が掲載されている。また雑誌の表紙にも「連載再開」と作品の文字が2カ所あり、イラストと共に掲載されている。

冨樫さんはこれまでも数回の休載をはさんでおり、今回は「蟻編」に続く「選挙編」を終え、新章「暗黒大陸編」に突入したばかりの12年3月から休止し、14年6月2日発売の同誌27号で約2年3カ月ぶりに連載をいったん再開していたが、再び同37・38合併号から冨樫さん腰痛のため再開時期が未定となり、同9月8日発売の41号では「なるべく早い再開を目指し、治療と準備を進めています」と発表されていた。

http://mantan-web.jp/2016/04/18/20160417dog00m200005000c.html

HUNTER×HUNTER



『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は、冨樫義博による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)誌上において1998年(平成10年)14号から連載を開始し、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』・『ONE PIECE』に続く3番目の長期連載となっている。単行本はジャンプ・コミックス(JC)より32巻まで発刊。累計発行部数は6600万部[2]を超える。2004年には公式ガイドブックとして同じくJCより『HUNTER×HUNTER ハンター協会公式発行 ハンターズ・ガイド』を発売。

人物


本作は長期連載作品ではあるが、休載している期間が非常に長く(多く)、1999年以降は毎年10回以上休載している。連載が再開されるときはニュースにさえなるほどである(後述)。また再開されても本誌掲載時にはネームに近いラフ画で、背景もほぼ描かれていない状態で掲載されることが頻繁に発生した。作者の過去作『幽☆遊☆白書』終盤からその傾向は見られていたが、本作でそれがさらに顕著化している。最長の休載は2012年16号から2014年26号までの2年2ヶ月(ただしクラピカ追憶編の読み切りが2012年12月3日に発売された週刊少年ジャンプ1号と12月10日発売の2号に掲載されている)。単行本の刊行では24巻は前巻から1年7か月の開きがある。
2014年37、38号合併号の掲載を最後に、「腰痛」を理由に休載に入っていた。この休載は当初、2週間の予定であったが、回復の遅れが長期に及び未定になっていた[5]。
2016年3月、ジャンプの特設webサイトにて連載再開が告知され、その後2016年16号にて、20号より再開する予定であると発表された。
st4_jacket

HUNTER×HUNTER – Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia

3: 2016/04/18(月) 01:20:17.15

もう終われば

4: 2016/04/18(月) 01:20:30.72
こういう我儘な漫画家はさっさと連載終わらせろよ

6: 2016/04/18(月) 01:20:55.73
すっかり忘れてた。


続きを読む



Comments are closed